52歳の誕生日を前に富士山山頂へ

2019年9月22日

夏休み中の9月20日に富士山の山頂に行ってきました。秋に富士山の山頂に登ったのは初めてです。夏と違い、ひっそりと静まり返っていました。改めて、神聖なる山だということを感じました。移動性高気圧に覆われ、秋晴れの安定した天候でした。52歳の誕生日を前にして富士山の山頂に行っておきたいという気持ちと、ことし富士登山競走にはエントリーしておきながら出場できなかった悔しさもあり、何としてでも夏休み中に登っておきたかったのです。夏に比べて、気温と湿度が低く、肌がカサカサになるほどでした。しかし、イワシ雲や筋雲など秋に見られる雲が見られ、眼下には雲海が広がっていました。28歳の時から富士登山競走のレースに出場して以来、ほぼ毎年山頂には複数回行っているので少なくとも30回以上は登ったかと思います。山頂に立つと、心が洗われる気がします。