春日部の生き物「雉(キジ)」

2020年2月9日

これは私の住む春日部市の”古利根川”の土手沿いで撮ったキジの写真。これまでもよくキジを見かけていたのですが、初めて撮影に成功しました。ゆっくりとゆっくり少しずつ近づき、1メートル近くまで接近できました。まるでハトのような鳴き声をしていました。キジは日本の国鳥でもあり、桃太郎の物語にも登場する有名な鳥ですよね。二十四節気をさらに細かく分けた七十二候では、小寒の末候に「きじはじめてなく」とあります。季語の世界では、雉(キジ)は鳴き声、「雉叫ぶ」、「雉鳴くや」で春の季語となっています。春はオスがメスを呼ぶケーンケーンという求愛の声を出すそうです。私が聴いた鳴き声は、人が近づいてきたので驚いていたのかも知れませんね。。。