風薫る5月

2020年5月16日

美しいバラが咲いていました。バラの名前は「聖火」でした。
オリンピックの聖火をモチーフにしたのでしょうか。

風薫る5月といわれるように、5月は草花の香りが漂い私たちを癒してくれます。
ことしはマスクをしているので、あまり実感がわかないフレーズですね。
でも、散歩の途中で道端の花を見かけたら、
周囲に人がいないことを確認して香りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

この聖火というバラの香りは甘く、
コロナによる自粛生活から一瞬だけ解放された気分になりました。
コロナを乗り越えたら、来年は聖火がみられる!
そんな勇気と希望を抱かせる可憐な花でした。
5月15日